中国式の産み分けの、成功率はどのくらい?

画像

 

赤ちゃんを授かり無事に生まれてくることが、親としては一番嬉しいことですよね。でも女の子がほしい、男の子がほしいという希望もありませんか?

 

私には3人の娘がいますが、4人目を授かることができて、男の子だったら更に楽しくなるだろうなと思うときがあります。

 

産み分け方法にはいろんな方法がありますが、その中でも中国式の産み分け方法について、今回は紹介したいと思います。産み分け希望をする夫婦や、カップルの間では、成功すると評判みたいですよ。

 

 

■中国式の産み分け方法とは?
中国式の産み分け方法は、約700年前に中国の科学者が王宮での男女の出生記録を、まとめたカレンダーを利用して行うものです。現在では産み分け占いとして、世界中に広まっているみたいです。

 

カレンダーの見方は、受胎した時の数え年と受胎月を照合して、子供の性別を予想するものです。ネットで検索すると、そのカレンダーがすぐに出てくると思いますので興味があったら検索してみるといいかも。今でも中国では、産婦人科の医師がカレンダーを参考にしていると言われています。

 

インターネットで中国式の産み分けの成功率を見てみると、中国人は約99%、アジア人は約90%、アメリカ人は約85%の確率で成功しているという情報がありました。でも、それが確かかは明確になっていないんです。ですから、産み分け占いとも呼ばれている通り、あくまで信じる人もいれば、信じない人もいるわけで、当然100%成功するものではないということです。

 

赤ちゃんの性別を当てることの、楽しみ方の方法として、中国式を利用するのがおすすめですね。