産み分けとアルカリ性の関係とは?

画像

産み分け方法を行う上で、成功率を左右すると言ってもおかしくないほど、大切になってくるポイントがあります。それは、女性の膣内のph値です。このph値が、男女の性別を分ける重要な鍵なんです。

 

■ph値と精子の関係
前提として覚えていてほしいのが、男性の精子にはX精子とY精子の二種類があります。

 

通常、膣内は雑菌が入るの防ぐために常に酸性の状態になっています。すると酸性に強いX精子が活発に動き、受精しやすくなります。
一方で、排卵日に近付くと膣内はアルカリ性に変化していくので、アルカリ性に強いY精子が活発になり、受精しやすくなります。

 

実は、PH値と精子にはこのような関係性があり、この仕組みが性別の分かれ道となります。

 

 

■アルカリ性の場合
今回はアルカリ性の場合についてお話ししますが、排卵日に近付くとアルカリ性にph値が変化することで、Y精子が優先的に受精する可能性が高まります。Y精子が受精すると、男の子が産まれると言われています。

 

そのため、産み分けで男の子がほしい夫婦やカップルは、膣内をアルカリ性に近付けることで、Y精子を受精させやすくする必要があるんです。そこで、産み分けゼリーとして有名なハローベビーでは、ハローベビーボーイというものを用意しており、そのゼリーを使うことでアルカリ性に近付けることが出来るんです。

 

ですから、男の子を希望しているのであれば、一度ハローベビーボーイを試してみてはいかがですか?