産み分けと排卵日の関係とは?

画像

 

今の時代ってすごいもので、100%とは言えませんが、何らかの産み分け方法を試してみると、その成功率は約70%?80%の割合で産み分けを成功できるほどになってきているんですよ。

 

昔は産み分けなんていう考えはなく、生まれてくるまで性別なんて分からないのが普通だったので、自然に性別を任せていましたよね。

 

でもどんな時代も、女の子がほしい、男の子がほしいという親の気持ちはあったと思いますから、産み分けを希望している夫婦が、少しの産み分けの可能性にかけることに対しては、賛成です。

 

そこで、今回は産み分けと排卵日には何かしらの関係性があるということで、仕組みを理解して、少しでも産み分けの成功率をあげれるように解説していきたいと思います。

 

 

 

排卵日との関係とは?

産み分けには精子だけでなく、排卵日も関わってきます。女性の膣内は常に酸性になっていますが、排卵日が近付くと酸性からアルカリ性へと変化していきます。すると、アルカリ性に有効なY精子が活発になります。逆に排卵日から遠い日に性交すると、酸性が強く、アルカリ性が低いため、酸性に有効なX精子が生き残るという仕組みになっています。このように、精子と排卵日は関係性があるんです。

 

 

ただし、産み分けというものは100%正確な訳ではありません。男の子、女の子の性別を産み分ける可能性を高めるだけです。ですから、もし産み分け失敗して希望の性別の赤ちゃんではなかったとしても、大切な子供の一人には代わりありませんから、愛情をもって育てる気持ちを忘れないでくださいね。