産み分け外来の費用はどのくらい?

画像

 

産み分けを希望するとしたら、病院に行って診察してもらう必要があります。そのため、時間も手間もかかりますが、どうしても希望の性別の赤ちゃんを授かりたいからこそ、努力をしますよね。そこで、産み分けを病院で行うときにどのくらいの費用が発生するのか簡単にまとめました。参考までに読んでくださいね。

 

 

産み分けにかかる費用

実は、産み分けに関わる費用は、健康保険の適用外になってしまうため、高額なものになってしまいます。1回の診察費用はだいたい、3,000〜7,000円ほどです。ただし、病院によって様々ですので、あくまで参考までに見てくださいね。

 

例えば
初診料⇒約10,000円、ホルモン血液検査⇒約2.000円
頚管粘液検査⇒約1.000円、超音波検査⇒約2.000円

 

そして産み分けゼリーを使う場合は、
リンカル⇒約3500円、ピンクゼリー・グリーンゼリー⇒約10.800円
と、トータルで考えるとかなりの費用になるんです。産み分けのことだけでなく、お金のことも考えて病院に通うようにしましょう。

 

 

自宅でできる産み分け方法

病院に通うとお金がたくさんかかります。しかしもっと簡単に産み分けを試すことができるんです。

 

それは通販販売されている、ハローベビーという産み分けゼリーを使います。処方箋も不要で気軽に購入できるので、きちんと説明書を読んで正しい方法で使用すれば、病院に通って指導を受けたときと同じような効果をもたらしてくれる可能性があります。

 

病院に行く前に、試してみてはいかがですか?